美味しいものを食べることが大好きな食いしん坊の日々の暮らし


by 早蕨

カテゴリ:京都おそとごはん( 5 )

新福菜館府立医大前店へ。

久しぶりに訪れました。






竹入りネギ多め・・・というふうにいつもオーダーしてる私たち。

メニューでいうと中華そばメンマ入り

これにネギ多めとオーダーしてることになります。

スープが黒いですが、食べると濃くないです。






e0366926_15011042.jpg


いつもの女性のお店の方に、お久しぶりですとご挨拶され

「いつもの竹入りネギ多め。やきめしは今日は小?並?」と聞かれました。

よーく覚えてらっしゃいます。私たちのいつものオーダーを。

「今日はやきめし、小で」



竹入りネギ多めは変わらずいつもお決まり。

やきめしだけ頼まなかったり、小か並か。やきめし3つの選択。






やきめし(小)



e0366926_15004254.jpg


いつもひとつ頼んで主人と半分してます。

写真まだ撮ってないのに・・・

取り分けようとしてた主人。私からストップが入り少々ぐちゃっとなってます。







e0366926_15005703.jpg



にんにくをたっぷり入れて味わいます。

追いにんにくも忘れずに。

新福菜館の本店にはにんにく置いてなかったので。

いつも府立医大前店に。

以前の店舗は府立医大の真ん前にあったのですが

昨年近くに移転。荒神橋西詰南側に新店舗。

移転してから2回ほど食べましたが・・・

調理器具が変わったからか水なのか・・・

以前の味が出てないね~と主人と同じ感想。

今回久しぶり5か月ぶり?くらいの訪問となりました。

新しい器具に慣れてきたのか・・・主人と味、復活したねと。

これでもか!とにんにくを入れて食べているのでかなり臭い私たちです。





[PR]
by sawarabi-3782 | 2017-04-08 15:46 | 京都おそとごはん | Comments(0)
時々食べたくなる坦々麺。

数年前に初めて食べてから坦々麺の美味しさに目覚めました。

巻き込まれているのは主人・・・楽しそうですけど。



「煌力」(ごうりき)

THE坦々麺 720円



e0366926_23441153.jpg


すりごまとピーナッツ。美味しーい。

濃厚だけどまろやか。ほどよい辛さで麺ともばっちり。




e0366926_23443374.jpg


入口にある自販機で食券を買ってから入ります。

迷うことなくいつもTHE坦々麺。



e0366926_23441920.jpg



初めて食べたお店が、西大路三条と西院の間くらいにある

「坦々麺 海苑」(かいえん)

繊細で上品で完成度の高い坦々麺です。

ここの坦々麺でスイッチが入った私。

気になるお店は、四条大宮の「坦坦」

食いしん坊はとまらないのだ!






[PR]
by sawarabi-3782 | 2017-04-03 00:19 | 京都おそとごはん | Comments(0)
河原町通の高島屋の南にある中華料理「桃園亭」でのお昼。

中華丼





e0366926_00014063.jpg



いい具材がたっぷり入ってます。

たしか980円だったはず。

へぇーって思った具材・・・おあげさん。入ってます!

お得感あります。味も濃すぎずグットです。

マンションのピカピカの床のエントランス奥のエレベータからお店がある13階へ。

東側の眺め最高です。




e0366926_00014870.jpg




いつも利用するのはお昼だけですが

麺を食べても定食を食べてもはずれないと思います。

店員さん、厨房にオーダー入れるときは中国語です。

現在の建物は新しいのですが、ずいぶん古くからやっておられるお店みたいです。

開放的で明るい店内でゆっくり食べることができます。



[PR]
by sawarabi-3782 | 2017-03-24 00:23 | 京都おそとごはん | Comments(0)
浄土寺の「カレー専門店大文字」でランチしてきました。

私、おススメのお店です。

陶板焼きスペシャル

980円。


e0366926_16265708.jpg



あっつあっつです。

チーズ、温玉、野菜入り。

チーズの下に温玉。ちょっとだけ崩してそーっと一緒に食べるのが好みです。

200円プラスでサラダ、ドリンク付きに。


店主の方は女性で店内はとってもキレイです。




e0366926_16271729.jpg







e0366926_16270762.jpg




タイルが素敵だなあといつも思います。

カレー屋さんの前は喫茶店だったみたいです。

そんな雰囲気の店内。

主人とは土、日に来ているのですが、今日は平日。

お客様の年齢層が高めでした。

お友達がこの辺の方はカレーがお好きみたいね~と。

憩いの場みたいな雰囲気です。

1人でめったに食べ物やさんに入らないというお友達。

ここなら大丈夫そうって。

1か月ぶりの会話を楽しんできました。

お友達は私より5歳ほどお姉さんで、一緒に働いていた仲間です。

先月は焼肉ランチ。

今回もお腹も心もいっぱいになりました。

次はどこランチ行こうかー?








[PR]
by sawarabi-3782 | 2017-03-15 17:01 | 京都おそとごはん | Comments(0)
日曜日、昨年秋に開店したという天ぷら屋さんへ。

私がリサーチしていたお店でした。

休日なのか店内、賑わってました。

店主の方はお一人で天ぷらを揚げてます。

メニューによっては揚げたてを順番に置いてくれるというスタイルみたいです。

女性とバイトっぽい男子学生さん・・・3人で。

入ってすぐお忙しいのか、いらっしゃいませも聞こえてきません。

案内されたのが入口横の4人掛けテーブル。

学生さんがお茶を持ってきてくれた時にオーダー。

かなり時間たってから女性がオーダーの確認に・・・

早くに鬼おろしがポツンと出され。

こんなに長いこと待つことってないなぁーっていうくらい待ちました。



私が頼んだ定食。970円。

魚は牡蠣でした。

茄子は隠し包丁なかったかな。用意していた茄子がなくなった?


e0366926_14023260.jpg

お客様が帰ったあとの食器下げの手際の悪さ・・・

立って待たれている次のお客様が数名いらっしゃるのにです。

厨房から離れているにも関わらずお盆を使わずに

女性がごはんとお味噌汁を持ってこられました。

「お盆上手につかわはったらいいんちゃいますか~」と主人が。

ニコニコしながらズバッと言っちゃう怖い人です。笑


主人は穴子天丼。こちらも970円。


e0366926_14024606.jpg



おひとりで揚げるスタイルをとられるなら、

まずはテーブル席2つはなくしたほうがよいかと。

カウンターは10席くらいでした。

おひとりで次々と揚げて続けるのはなかなか厳しいのではないかなー

・・・と厳しい評価となってしまいました。

それにしても長いこと待ったお昼でした・・・ふぅー

飲食業もなかなか大変ですねー





[PR]
by sawarabi-3782 | 2017-03-07 14:39 | 京都おそとごはん | Comments(0)